【尿漏れ体験談】30代・喜びの妊娠なのに色濃く残る尿漏れの思い出

【尿ラボ】30代・喜びの妊娠なのに色濃く残る尿漏れの思い出

これは私の妊娠から産後の数か月の間に体験した尿漏れの話です。

妊娠中に尿漏れを経験する方が多いという話は知っていましたが、何となく他人事のように思っていて、まさか自分が経験するとは思っていませんでした。

今となっては夫との間では笑い話で済ませられますが、恥ずかしくてまだまだ人には言えない話です。

 

最初の尿漏れは妊娠6か月

自分が尿漏れをした、と初めて気が付いたのは妊娠中で、妊娠6か月頃に風邪を引いたときのことでした。

妊娠6か月頃、少しお腹も出てきていて、下着も以前履いていたものからマタニティー用のちょっと緩いものに変えたくらいの時だったと思います。

少し油断をしていたのか疲れていたのか風邪を引いてしまいました。病院に行っても、妊娠中なので通常の風邪薬をもらえるわけもなく、漢方薬を処方されました。

身体を温めてとにかく休む、ということしかできないので、仕事も休んで家でゆっくりと過ごしていました。

でも、すぐにはよくならず、鼻水と咳が止まらない状態が何日か続きました。

そんな中、ちょっと咳がとまらなくなってゴホゴホとやった時に、お腹に力が入ってしまったのか妙な感覚を感じました。慌ててトイレに駆け込んだところ、尿漏れをしていました。

 

初めて尿漏れした時の気持ち

おりものシートを使っていたので下着が濡れるところまではいきませんでしたが、いつもと違う感覚に、とにかく焦って行ったトイレでの尿漏れ。

妊娠中に尿漏れを経験することがあるのは知っていましたが、まさか自分に起こるとは思っていなかったので、「え?? マジ??」「うわ~どうしよう。恥ずかしい」と思いました。

と同時に「外にいる時じゃなくて良かったな」という変な安心感を覚えました。

恥ずかしいな、と思いながらも「とりあえず尿漏れパッドみたいなのを買わないとだめかな」と思い、近くのドラッグストアに行きました。尿漏れパッドのコーナーをのぞいてみて、けっこういろいろな種類があることにびっくりしました。

 

妊娠中になぜ尿漏れしやすいのか

【尿ラボ】臨月

妊娠前の子宮の大きさは約7cmで卵くらいの大きさですが、妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長と共に大きくなっていきます。

妊娠初期は、つわりで吐いてしまう時にお腹に力が入って尿漏れが起こることがあります。

妊娠中期から後期にかけては、大きくなってきた子宮が膀胱を圧迫してしまうので、すぐにトイレに行きたくなったり、ちょっとしたことで尿が漏れてしまったりすることがあるようです。

 

妊娠中に私がとった尿漏れ対策

初めのうちはちょっとしたことで少量漏れてしまう程度でした。

しかし、出産までつわりが続いていた私は、お腹に力が入ってしまうことが多かったのか、徐々に回数が増えていきました。

妊娠後期に入ってお腹の張りがひどかったときは、寝ているだけでズボンを濡らすほど尿漏れをしてしまうこともありました。

さすがに困って、産婦人科で相談して骨盤を支えるベルトをつけ始め、骨盤を鍛える体操をするようにしました。

また、身体を冷やさないように薄い腹巻や足首を温めるサポーターのようなものをまいたり、ゆったりとしたタイツを履いてから大きめのフレアパンツをはくようにしたりしていました。

家では、寝冷えしないように春になっても起毛のパジャマを着たり、自分の寝る場所には防水シーツを敷いて布団が濡れないように気を付けていました。

 

出産後に尿漏れは改善したものの

出産を終えてからも半年くらいは尿漏れしてしまうことが多かったのですが、子宮やホルモンバランスが元に戻ったからなのか、その後はずいぶんと落ち着きました。

しかし、以前のようにびっくりするような尿漏れをすることはなくなりましたが、ちょっとお腹の調子が悪い時や生理前などはどうしても尿漏れをしてしまうことが今でもあります。おりものシートは常に使い、薄い尿漏れパッドも欠かさずに持ち歩いています。

また、ちょっと外出するときなども出かける前、帰る前に必ずトイレに行くことが習慣になりました。

 

まとめ

【尿ラボ】親子

小さい頃にトイレが我慢できなくて漏らしてしまった、という経験はありましたが、大人になってから尿漏れの経験をしたのは妊娠してからが初めてでした。

尿漏れはなんとなく自分には関係のないことだと思っていたのですが、いざ自分がそうなってみると、尿漏れは生活をする上で困るな、ということを実感しています。

ちょっと体調が悪い時、トイレにこまめに行けないようなところに出かける時など、以前よりも気を遣うようになりました。また、子供にかこつけて、外出先では以前よりもちょこちょことトイレに行くようになりました。

まだ慣れていないうちは、尿漏れがひどくて外出するのが怖くなることもあったのですが、妊娠中だから仕方ないと自分に言い聞かせて尿漏れパッドを使っていくうちに、「これがあるから大丈夫」という安心感を覚えるようになりました。

尿漏れパッドにもいろいろな種類のものがあって、自分のような比較的若い人が抵抗なく購入できるデザインの物も増えてきています。おりものシートや生理用ナプキンと使い心地はあまりかわらないので、女性はそんなに抵抗がなく使い始められるのではないかと思います。

尿漏れのことは正直、恥ずかしくて若いうちは人になかなか相談できるようなことではないなと思います。私の場合は妊娠・出産のタイミングだったので、病院での相談もしやすかったですし、そういった意味では早いうちから対策が出来たことは良かったです。

この記事を書いた人
SNSでフォローする