春は花粉症と尿漏れの季節…女性に多い腹圧性尿失禁

【尿ラボ」春は花粉症と尿漏れの季節…女性に多い腹圧性尿失禁

春になると悩まされる人が多いのが花粉症です。

花粉症と言えばくしゃみ。特に女性に多いのが、くしゃみと共に出てしまう尿漏れです。

くしゃみと共に漏れてしまう尿漏れは、女性に多い腹圧性尿失禁という尿漏れの1つだということはご存じでしたか?

尿漏れの臭いや下着が汚れる不快感から、誰にも言えず悩む人も少なくない症状なのです。

 

この記事では、腹圧性尿失禁が起きる原因と、腹圧性尿失禁の対策についてご紹介します。

花粉症に伴う尿失禁に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

腹圧性尿失禁、40代女性の3割が経験

くしゃみと共に尿漏れしてしまう腹圧性尿失禁。

尿漏れの量や頻度は個人差があり、くしゃみや運動、笑った時など、お腹に力が入る時のみ尿漏れしてしまう人から、椅子から立ち上がるだけで尿漏れしまう人まで様々です。

 

ダ・ヴィンチニュース「女性のための保健室」によると、40代女性の実に3割が腹圧性尿失禁の経験があると言われています。

原因の多くは加齢によるものや、妊娠、出産によって骨盤底筋群が弱ったことによるものが多数をしめます。

通常ですと、くしゃみなどでお腹に圧がかかり、膀胱から尿が漏れ出たとしても、尿漏れしないよう筋力によって出口で止めることができます。

しかし、骨盤底筋群が弱ってると、膀胱の出口を締めることができず、結果として尿漏れが起きてしまいます。

 

腹圧性尿失禁と出産の関係

尿ラボ_妊娠している女性

女性の尿漏れに多い腹圧性尿失禁ですが、出産の経験の中でも以下のような原因が考えられます。

 

  • 3人以上子どもを産んだことがある
  • 産後の骨盤底筋群のケアをしていない
  • 3,500g以上の子どもを産んだことがある

 

また、生理前や産前、産後は黄体ホルモンの影響で筋肉が緩んでおり、これが原因で尿漏れを起こす人もいます。

出産後に腹圧性尿失禁がある人は、早めのケアがおすすめです。

 

腹圧性尿失禁の対策やトレーニング

尿ラボ_骨盤底筋トレーニングする女性

 

道具無しで今すぐできる、おすすめ対策が骨盤底筋トレーニングです。

骨盤底筋トレーニングのやり方をご紹介します。

 

骨盤底筋トレーニング 基本編

 

  1. 仰向けに寝て足を肩幅に開き、ひざを立て力を抜きリラックスする
  2. 尿道と肛門をしめて体の中に引き上げるようにして5秒間キープする
  3. キープの後は力を抜いてリラックスする

 

これを1セット、10回1日に行うだけで、骨盤底筋を鍛えることができます。

 

次に座って行う骨盤底筋トレーニングをご紹介します。

  1. 椅子に姿勢を正して座り、足を肩幅に開く
  2. 顔を上げてまっすぐに背中をのばし肩の力を抜く
  3. 腹部には力を入れず、尿道と肛門を5秒間かけてゆっくりとしめていく
  4. ゆっくりと時間をかけてゆるめていく

 

こちらもこれが1セット、10回を1日の目安として行いましょう。

座ってできる体制のため、膝が痛い人はこちらがおすすめです。

 

どちらの方法も、尿道のしめ方はおしっこを我慢するような感じでイメージするとしめやすくなります。

 

骨盤底筋トレーニング 応用編

 

  1. 仰向けになって膝を立てる
  2. 腰を持ち上げて膝、お腹、肩が一直線になったところで3秒間キープする
  3. キープの後は力を抜いてリラックスする

 

更にできる方は足も体に沿って持ち上げてみましょう。

その状態から足を外側に開いていくと更に運動強度をあげられるので挑戦してみてください。

 

骨盤底筋トレーニングのメリット

骨盤底筋を鍛えることは尿漏れの予防だけでなく、産前であれば出産を軽くします。

他には

  • 便秘を解消する
  • 生理痛を緩和する
  • インナーマッスルが鍛えられてスリムになる

などの女性の気になる悩みに嬉しい効果がたくさんあるので、日常的に行うことをおすすめします。

 

次に、骨盤底筋とヒップアップ効果もあるおしり歩きをご紹介します。

 

おしり歩き

1.両足を前にそろえて座る

2.両肘をあげて、腰を左右に捻りながら前に10歩進む(※お尻で骨盤を押し出すのがポイント

3.同じ方法で後ろに10歩下がる

 

おしり歩きのメリット

おしり歩きは腰や膝に負担が少ないため、高齢の方にもおすすめの体操です。

おしり歩きの効果、骨盤底筋トレーニングと同じような効果の他に、

 

  • 背中や腕などの筋肉にも負荷をかけ、鍛えることができる
  • 体幹を鍛えることができる
  • 下半身のむくみ改善の効果がある
  • 骨盤矯正効果がある

 

があります。

合わせて行うことで、尿漏れの改善や、ダイエット効果もあるのでおすすめです。

 

おしり歩きも骨盤底筋トレーニングも産後の体形戻しの際もおすすめですが、必ず1か月検診を過ぎて医師の許可がおりてからスタートするようにしてください。

 

花粉症の季節は尿漏れ対策もご一緒に

尿漏れ_花粉症対策

 

女性に多い腹圧性尿失禁は、花粉症でくしゃみをしたとき、また、季節の変わり目で風邪を引いて咳をしたときなど、春先に悩まされる症状のうちの一つです。

 

あまりにも下着が汚れて気になる場合は、尿漏れ対策パッドの使用もおすすめです。

20cc用から300cc用まであり、種類も形も色々とあります。

生理用ナプキンで代用しても構いませんが、尿と生理の血液は粘土が違うため、生理用パッドでは完璧に吸収されず逆に不快感を感じることもあります。

尿漏れ対策パッドでは、尿の特徴であるアンモニア臭をカットする消臭剤が入っています。

また、さらりとした尿でも素早く吸収することができるので安心です。

量よりも頻度が気になる方は、薄手のものをこまめに取り換える方法をおすすめします。

 

基本的に腹圧性尿失禁は治療をしなくても問題はありません。

しかし、あまりに量が多かったり、日常生活に支障がでる場合や、痛みや血液を伴う場合は何か他の病気が隠れている可能性があります。

その場合は悩まずに医師に速やかに相談しましょう。

 

春先に向けて骨盤底筋を鍛え、花粉症に伴う尿漏れに備えてみてくださいね。

この記事を書いた人
SNSでフォローする