【尿漏れ対策グッズ】男性の尿漏れの臭いケアの方法をご紹介

加齢とともに増える男性の尿漏れ。
尿漏れでまず困るのは、下着やズボンに尿のシミがついてしまうことです。
そして、同じように気になるのは尿漏れの匂いではないでしょうか。
尿漏れをして、下着や洋服のシミが乾いたとしても、匂いは残ってしまいます。
男性のオシャレにおいては清潔感が何よりも大切。
ここでは、気になる男性の尿漏れの中でも、特に臭いのケアの方法をご紹介します。

【尿漏れ匂い対策】消臭スプレーを使う

外出先でトイレに入ったときに尿のキレが悪くて下着を汚してしまった。
くしゃみをしたときに思いがけずちょい漏れした。
そんなときの消臭方法としては、携帯用の消臭スプレーを使うのが一番手軽です。
体についた尿や下着のシミはウェットティッシュなどで拭い、その後に下着に消臭スプレーをかけておくと安心です。

 

【おすすめ消臭スプレー】

リセッシュ 消臭芳香剤 携帯用スプレー 除菌EX 香り残らない 30ml

おなじみリセッシュの携帯用スプレーです。
携帯しやすい手のひらサイズなので、手軽に持ち運べます。

 

天然の香りのアロマスプレー【クール】15ml ミニボトル

天然アロマ成分なので、下着の上からとはいえ、お肌が心配な方も安心して使えます。

 

【尿漏れ匂い対策】尿漏れ用パッド・パンツを使う

外出先で思いがけず尿漏れをしてしまったときは、トイレットペーパーやウェットティッシュなどで拭き取るのが精一杯。
でも、それだとズボンにシミができたり臭いが残ったりしてしまいますよね。
ちょい漏れが気になるようになったら、思い切って尿漏れ用のパッドや尿漏れ用のパンツを使うと安心です。
尿漏れ用パッド・パンツを使えば、アウターにしみ出す前に尿を吸収してくれるので、服を汚しません。
また、一度吸収した尿が漏れることがなく、消臭効果もあるので安心です。

尿漏れ用パッドは、下着にテープで貼り付けて尿を吸収する仕組みになっています。
普段はいている下着に装着するだけなので手軽。
また、使用後はそのまま捨てることができるので清潔です。
ただ、 使い捨てなので、長く使うとコスパが悪くなることがデメリットと言えます。

尿漏れ用パンツは、パンツの中に尿を吸収する機能が備えられています。
介護用の紙パンツではなく、普通の布のパンツに尿漏れ吸収機能をつけたものなので、普通の下着と同じような感覚で使えるのがメリットです。
最近はオシャレなデザインのものも増えているので、旅行やスポーツなどの着替えのときにも安心です。

尿漏れ用パンツは、尿を吸収する部分が、尿を吸収する素材、防水を防ぐフィルム素材のように何層かになっています。
洗濯したあと素材や厚さによっては乾きにくいことがあるので注意しましょう。

 

【おすすめ尿漏れ用パッド】

ライフリー さわやかパッド 男性用 45cc(快適の中量用)20枚〔軽い尿モレケアパッド 〕

紙パンツでもおなじみのライフリーブランドの尿取りパッド。
吸水量が45ccあり、仕事や旅行のときも安心です。
アンモニアの臭いを閉じ込める消臭ポリマーが配合されています。

 

【おすすめ尿漏れ用パンツ】

尿漏れパンツ 履きたくない人向け 360°全面吸水速乾 トランクス 下着 ちょい漏れパッド併用可 日本製 (ブラック, L)

尿漏れは気になるけれど、尿漏れ吸収パンツの「いかにも」な感じには抵抗がある。
そういう方におすすめの尿漏れ対応パンツです。
パッドを装着するのではなく、撥水性と吸収性を併せ持つ新素材セミロン5で、パンツ全体で尿を吸収しつつもすぐに乾燥させるため、ズボンにシミを作る心配がありません。
見かけは普通のパンツなので、スポーツジムや温泉に入るときでも周りの視線が気になりません。
尿漏れの量が気になる場合は、尿漏れパッドも一緒に使うと安心感がアップします。

 

尿の匂いを取る洗濯方法

気になる尿の臭いは、アンモニアの臭いに加えて、繊維の部分に残った汚れに繁殖した雑菌によるものです。
汚れた衣服は洗剤を使ってできるだけ早く水洗いするようにしましょう。

臭いをとるには酸素系漂白剤に浸け置き洗いするのが効果的です。
衣類の傷みを防ぐため、塩素系ではなく酸素系の漂白剤を使うようにしましょう。

また、消臭効果のある重曹を使って洗濯するのもおすすめです。
洗面器にぬるま湯を入れ、重曹小さじ1杯をよく溶かしてから、下着を30分ほどひたします。
そのあとは普通に洗濯用洗剤を使って洗濯してください。

 

尿漏れ匂いの原因は?

尿漏れしたときの臭いの原因は、尿に含まれるアンモニアです。
それに加えて、下着などの繊維に残った汚れで雑菌が繁殖すると臭いの原因となります。

尿の臭いといえばアンモニアというイメージが強いですが、実は健康な人の場合、 尿の臭いはそれほど強くありません。
ただ、 尿が衣服についてしまいなかなか着替えられないでいると、時間が経つにつれて臭うようになっていくのです。

そのため、尿漏れの臭いのケアとしては、漏れた尿が下着や洋服につかないようにすることが大切です。
そして、尿が衣服についてしまったときは、できるだけ早く処理をすることが必要になります。

なお、尿の臭いが普段よりも強いと感じられるときは、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。
膀胱炎になると尿のアンモニア臭がきつくなり、糖尿病になると尿から甘い臭いがするようになります。
尿の臭いは健康状態を示すバロメーターでもあるので、尿の臭いがいつもと違うことが気になった場合には、病院を受診することをお勧めします。

この記事を書いた人
SNSでフォローする